洋服をつくりはじめた10数年前は

つくってはみせる、

ファッションショーばかりしていました。

 

それはあの一瞬の煌めき、メイクアップした

女の子が似合う色の服をきて、照明で輝く

ステージを歩く。

それをみて心がときめくあの一瞬が

たまらなく好きで活動していました。

 

それから数年。

 

しっかり息をして、

心地よく過ごす事。

歩くこと、食べること、生活すること。

 

んなナチュラルな日々のなかでの「洋服」は、

確実に自分を高め、励ましてくれたり嬉しい

気持ちをくれる存在ということ。

そんな存在である、洋服をわたしは

型紙をひいてー縫ってーと仕上げています。

 

心地よく丁寧に日々を過ごしてほしいからー

「もう少しここにゆとりがあると着心地がよいかな?」「このラインを変えたらスッキリと綺麗にみえる形になるなあ。」と

感じた事を形に落とし込んでいく。

 

そんな洋服をお届けできれば それが心地よく過ごす日々や時間につながって、また新しいじぶんとともに明日を

むかえることができる。

 

 

選択できるものが沢山ある現代で、そんなふうに Fashion quority of life.

 

大事に選択し、そしてていねいに暮らせるような

衣服の視点からも自分の質をたいせつにみつめていきたい、

という自分自身へのメッセージもこめて、洋服をつくっています。

_R5_6112.jpg

 about   

 

  

 
designer
Tomomi Onodera
_R5_6269.jpg